美術予備校で合格率アップ~志望校に通うための方法~

美大・芸大受験の第一歩

美術や芸術系の大学入試に伴うのが実技試験です。実技試験の対策は美術予備校でしっかりと行ないましょう。

自分に合った美術予備校の選び方【無理なく学ぶためのコツ】

絵具と筆

美術を学ぶには・・・

知識を蓄えるだけであれば独学でも可能ですが、体系立てて学ぶことが難しくなり、抜け漏れも発生します。今後の自分の可能性を狭めないためにも、ある程度体系だったプログラムを持ったところに通うのが結局の近道です。

描く人

美術予備校なら正しい美術の知識を得られる

美術予備校なら、専攻ごとに基礎や理論から学ぶことができます。まずは過去に学ぶことで、自分の表現の幅を広げることができるため、大きなチャンスになります。

学生

美術予備校にある専攻コース

絵画と彫刻などざっくり分かれるところもあれば、絵画でも油絵と水彩画など厳密に分かれているところもあります。自分のやりたいことがどれくらい決まっているかで希望に合った専攻を選びましょう。

勉強道具

美術予備校にかかる費用

授業料自体は年間で50万円程度が相場です。ただし、実技に使う画材や素材は自分で購入する必要があるため、実際にはもう少しかかると考えておく方が安心です。

[PR]
名古屋でおすすめの医学部予備校
目標としている学校に進学するために

良い美術予備校の選び方

教師と生徒

自分の希望するジャンルの専攻があるか

できるだけ細分化された選考に近いコースを持ったところを探しましょう。

入学を希望する大学に強いか

希望大学の学部学科に特化したところがあればそこを選ぶのも賢い選択です。

大学合格後が視野に入っているか

大学合格後の創作活動まで見据えた教育をしてくれるところは後から必ず役に立つものが得られます。

指導講師が充実しているか

講師陣の過去の作品を見るなどして作品感が自分に合うかを見ておきましょう。

予備校が自分に合うか

雰囲気や進め方も大事な要素です。どんなに条件に当てはまっても居心地が悪ければ意味がありません。

美術予備校のことを知ろう

資料請求と見学を重ねてしっかりと情報を集めれば安心です。

美術予備校が選ばれる5つの理由

絵具と筆
no.1

設問の意味を理解する

実技入試の問題文には大学の意図が込められています。どんな傾向の人がほしいかというところを読み取って実技に取り組まないと、技術だけでは合格できません。意図をくみ取り、設問の意味を理解した作品を作る目を予備校で養います。

no.2

集中できるスペースがある

大きなキャンバスを利用したり、彫刻や石膏を素材に選ぶと通常自宅では練習することができません。予備校のアトリエを利用できれば、集中できる快適な空間を手に入れることができます。創作に必要な資料も多く、創作に詰まった時の材料もたくさん用意されています。

no.3

的確なアドバイスが受けられる

自分が作品に込めた意図が正しく伝わるかは重要なポイントです。伝わっているか、なぜ伝わらないかはなかなか独学で研究していくことはできません。美術予備校の講師のアドバイスを受けながら改善すれば自分の意図を伝えられる創作が可能になります。

no.4

学科試験対策が受けられる

創作だけに目が向いてしまいがちな美大の入試ですが、もちろん学科試験もあります。美術に関わることだけでなく、通常の5教科7科目のうち、大学が要求するものを受験しなければなりません。美術予備校は実技だけでなく学科試験まで入試対策としてサポートしてくれます。

no.5

大学の情報が手に入る

芸大、美大は全国にいくつかあります。自分の希望の大学を一直線で目指すのももちろんいいですが、せっかくならもう少し情報を集めてみましょう。気になるジャンルや作品が見つかることもあります。入試情報も含めて大学の情報を提供してくれるのは予備校ならではです。

[PR]
個別指導塾を塚口で利用しよう
受験対策にピッタリ☆

[PR]
東京にある家庭教師会社を厳選紹介
サービスン内容を比較してみよう

[PR]
医学部予備校を東京で通おう
受験の合格率をアップ☆

家庭教師サービスを浜松で提供中

広告募集中