HOME>info>医学部に合格する秘訣|医学部予備校に通って集中的に学習

医学部に合格する秘訣|医学部予備校に通って集中的に学習

教師と生徒

難関の医学部に合格するには

医学部は理系科目のレベルが高いのは言うまでもなく、文系科目もそれなりの知識を要求されます。自分に足りないものを早く把握して補う学習が効果的です。

学生

医学部予備校の授業内容

徹底して基礎を学んだ後、応用として演習に取り組む場合が多いです。演習には過去問対策ももちろん含まれます。難易度が高いので基礎ができていないと演習をやっても意味がありません。

医学部予備校の特徴

勉学

実力試験がある

定期的に設けられた実力試験を一つの目標地点としましょう。長い期間であっても中だるみすることなく継続して勉強できます。

基礎を押さえる

基礎ができていない状態で応用問題に取り組んでも躓き続けるだけです。一度基礎に立ち返る機会をもらえることで改めて自分の苦手を見つめなおせます。

難問に取り組む

難問にももちろん着眼点と解き方があります。気が付かないと見つけられない着眼点も多いのである程度考えたら予備校講師にサポートしてもらいましょう。

フォロー体制がある

講師に質問できる環境は学習する上で必須です。予備校によってはカリキュラムをこなしているかの進捗確認までしてくれるところもあります。

文系科目は効率よく学ぶ

理系科目で稼いだ点数を無にしてしまわない程度のスコアが取れれば十分です。特化する必要はありません。効率よくスコアを取る方法を学びましょう。

医学部予備校に関すること

医学部予備校にもスタイルが様々あり、受けられる授業も異なります。気になるところへ資料請求したり見学に行って情報収集を怠らないようにします。

私立と国公立の医学部の違い

かかる学費

国公立の方が学費が安いのは医学部も同じです。最近は差が縮まっている大学もあるので入学を希望する大学の授業料を計算してみましょう。

研究が盛ん

国公立の医学部は臨床研究が盛んなことで有名です。最先端の技術や機械を学びたい場合は国公立の方がスムーズかもしれません。

医学部予備校の年間スケジュール

通常の大学受験と同様に1月からのセンター試験と前期試験を目標に学習します。私立医学部の多い名古屋エリアは前期試験に焦点を当てた予備校も多いのでその場合学習スケジュールが約1か月ほど後ろに倒れます。

広告募集中